お客さまの事例はこちらから

インボディ(InBody)とは?

体を構成する基本成分である体水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪を定量的に分析し、栄養状態に問題ないか、身体はバランスよく発達しているかなど、体成分の過不足を評価する検査です。
インボディ(InBody) 測定で健康管理をしていきませんか?


アドバイザー 花井

導入のメリット

インボディ(InBody)を使って身体を測定をすると、体成分分析・体重と筋肉量、脂肪量のバランス・肥満度指数(BMIと体脂肪率)・部位別筋肉量・部位別脂肪量・体重調整量・栄養評価(タンパク、ミネラル、体脂肪量)・肥満評価・内臓脂肪レベル・骨格筋量・基礎代謝量・推奨摂取エネルギー量、腹囲など、より正確に身体の状態がわかります。
また、複数の広帯域周波数を用いて細胞内水分と細胞外水分を分けて測定する技術を採用しています。
交流電流は周波数によって細胞膜を透過する程度が異なるので、この特性を利用して細胞内外水分の均衡が崩れている方でも全体の水分量を正しく測定することできます。
インボディ(InBody)は性別や年齢などの統計的な情報で体成分の結果を補正しません。実測したインピーダンスのみに基づいて体成分を分析するため、見逃やすい僅かなない成分まで感知します。
これは体成分の変化をモニタリングする治療や研究を目的とする分野では欠かせない技術です。

株式会社タクミはインボディの販売とレンタルを開始して10年以上経ちます。販売では導入時の資金負担を軽減するためにリース・クレジット払いをご用意しています。業種やご使用方法での最適な機種選びや、導入の方法をサポート致します。

インボディのレンタルは通算500件以上の件数を行っており、イベントから研究まで幅広い業種にレンタルを行っています。測定項目や環境、条件に合わせた適切な機種のご提案を致します。また、測定員やアドバイザーの派遣や機器の設置等も行いますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お見積お問い合わせ・お見積

インボディ 導入事例

お問い合わせ・お見積お問い合わせ・お見積

インボディ シリーズ製品情報

  • Inbody 270
    【ポータブル体成分分析装置】

    Inbody230の後継機種。
    約15秒と短い時間で計測可能
    (販売/レンタル/リース)

    Inbody270の製品情報ページへ

  • Inbody 470
    【ポータブル体成分分析装置】

    Inbody430の後継機種。携帯性、運用に便利な機能が追加!
    (販売/レンタル/リース)

    Inbody470の製品情報ページへ

  • Inbody 230(レンタル専用)
    【ポータブル体成分分析装置】

    高性能のまま、よりシンプルにすることでシリーズ最安値を実現!
    (レンタル)

    Inbody230の製品情報ページへ

  • Inbody 430(レンタル専用)
    【ポータブル体成分分析装置】

    高い精度と再現性はそのままに、コンパクトで持ち運びOK!
    (レンタル)

    Inbody430の製品情報ページへ

  • Inbody 570
    【専門家用体成分分析装置】

    高精度で測定も早いInBody。環境に合わせて結果用紙のカスタマイズ可能
    (販売/リース)

    Inbody570の製品情報ページへ

  • オプション

    全自動血圧計 TM2655P信頼の高精度オシロメトリック方式

    オプションの製品情報ページへ

  • Inbody 770
    【体成分分析装置最上位機種】

    世界最高の研究者が使っている体成分分析装置
    (販売/レンタル)

    Inbody770の製品情報ページへ

  • Inbody S10
    【体成分分析装置最上位機種】

    仰臥位測定が可能な形態な携帯用InBody。体水分モニタリングに特化
    (販売/リース)

    Inbody S10の製品情報ページへ

  • LookinBody Web
    【InBodyデータ管理システム】

    パソコンやタブレットで測定結果を確認するクラウド型データ管理サービス(月々)

    Lookin'Body Webの製品情報ページへ

  • Lookin'Body120
    【InBodyデータ管理システム】

    InBodyと有・無線で接続されているだけで、測定したデータや設定情報が実時間で同期されます。
    (販売/リース)

    Lookin'Body120の製品情報ページへ

お問い合わせ・お見積お問い合わせ・お見積

ページ最上部へ